COLUMN

お役立ち情報

会議を行う際に知っておくとスムーズに
進行が進む為の耳寄りな情報を配信しております。

会議の進行方法

ファシリテーターの概要やファシリテーション能力

近年、ビジネスの場において、ファシリテーターという言葉を良く耳にするようになりました。しかし、ファシリテーターについて、明確に説明できない人も少なくないかと思います。
 
ここでは、ファシリテーターの概要や、会議に必要なファシリテーション能力についてご紹介します。
 

会議におけるファシリテーターの役割とは?

ファシリテーターとは、一般的に会議やミーティングなどにおいて、議事進行役を務める人を指します。指示型のプロジェクトリーダーとよく混同されるのですが、ファシリテーターは中立の立場を守りながら、参加者の状況や心理状態を見極め、会議やミーティングを円滑に進めるための調整を行う役割を担っています。
 
また、ファシリテーターに求められるものとして、「ファシリテーション能力」があります。ファシリテーション(facilitation)とは、集団として協働や知的相互作用を促進させる働きを意味し、会議などにおいては、問題の解決や合意の形成を導く力、スムーズな進行を促しながら参加者の意見を引き出す手腕などを表す言葉です。
 
ファシリテーターを務める上で、必要不可欠な能力であると言えるでしょう。
 

ファシリテーターが会議前で行うべきこと

ファシリテーターは、会議の目的を達成させるべく、メンバーを支援する役割を担っています。そのため、ファシリテーターは参加者に会議の目的や議題などを事前に伝える必要があります。その際、参加者から不明点などが出たら、それをその場で解決する必要があります。
 
会議中は、常に中立の立場を貫き、メンバーに対して傾聴姿勢をとることが大切です。そうすることで、メンバーの参加意欲を引き出す、メンバー同士の話し合いのきっかけを作るといった効果が得られます。
 
また、ファシリテーターはリーダーではなくあくまで支援者なので、会議の進行をスムーズにするため、メンバーの発言を記録し要約する、ホワイトボードを活用して情報を可視化する、メンバー間の意見の相違をすり合わせて共通の利益を出すといったサポート面に注力する必要があります。
 

ファシリテーターが会議の最後に行うべきこと

ファシリテーターの大きな仕事の一つに、会議を意味のある形で終わらせる、というものがあります。あまり議論せずに安易に多数決で決定をするなど、結論が曖昧なまま会議が終了してしまうことは、ファシリテーションが正しく行われなかったことを意味します。
 
ファシリテーターは会議において、メンバーの意見交換を活発化させながら、タイミング良く収束させるといった舵取りの能力が求められます。
 
また、予定時間内に会議を終わらせるために、意思決定やコンセンサスに向かう道筋をつくることも必要不可欠です。
以上、ファシリテーターに必要な能力についてご紹介しました。
部内の小規模な会議であっても、自分がファシリテーターを務める際は、事前準備を怠らず、意義のある会議にできるように参加者をサポートしましょう。

一覧へもどる